SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

PMA & ILWU 第1回労使交渉

多くの荷主、関係者が固唾をのんで推移を見守る北米西海岸のPMAとILWUの
 
労使交渉であるが、ようやく5月12日に第1回の公式交渉がはじまるとの報が
 
各業界紙に流れている。
 
当初は5月の後半との予測であった。なぜなら、関係者の話では前回は
 
早めに交渉を開始した結果、組合側に有利な内容で決着したため、
 
今回はPMAに有利にもっていくために交渉を引き伸ばしているとの見方が大半
 
であった。
 
それが、なぜ、5月下旬でなく、12日になったのか? ひとえに北米の荷受業社ー
 
ウォルマートを中心として大手のマーケットからのプレッシャーである。
 
港湾のロックアウトやストライキ、スローオペレーションによって大きな被害を
 
受けると予想されるこうした大手の業界からの早期開催への要望に対して
 
PMAとしても無視できないと判断し、交渉開始を早めたとされる。
 
消費の7割を占めるとされる東海岸や中西部への輸送は従来はLA,LB経由の
 
MLBが主流ではあるが、パナマ運河経由東海岸向け荷物の増加や、
 
スエズ運河経由の拡大など、西海岸経由以外の輸送ルートが拡大していることも、
 
PMAにとっては、慎重な対応が必要とされる理由のひとつでもある。
 
 
第1回交渉までの間、水面下での動きが注目される。
 

PMA & ILWU 第1回労使交渉に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment