SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

北米西海岸労使交渉(2)

北米西海岸労使交渉について、非常に前向きな議論がなされていると一部のメディアが報道している。

今後の貨物の増加を見込んだ収益の向上と自動化によるコスト軽減で組合の要求を受け入れていくのか、組合側が一部の負担を受け入れることで雇用の確保の約束を取り付けたのか、具体的な進捗状況は公にされていない。

すでに発表されている、G6やP3の年度後半のスケジュールを見る限り、アジアから北米東岸向けには
スエズ運河を経由するルートが大幅に増えている。

今回の協議の前に、大手輸入会社やマーケットが共同で、PMA,ILWUに早期の解決を要求する圧力をかけているといわれる。

また、すでに東海岸経由の輸送ルートにシフトしている会社もあると聞く。

交渉の長期化やストライキ、ロックアウトの実施は、結果として西海岸経由の顧客を東海岸経由に切換えさせ、多くの顧客を失うことになることを双方充分に認識しているものと思われる。

今後の進展に注目したい。



北米西海岸労使交渉(2)に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment