SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

北米西海岸労使交渉余話



5月29日付けでアメリカ連邦海事委員会が労使交渉に伴うPORT CONGESTION SURCHARGEについての問い合わせに対して以下の発表をした。

要約すると荷主にとってコスト負担になる場合(値上げや新設のSURCHARGEなど)は公表されて30日以降での適用となる。

既にそれぞれの船社が公表して30日を経過している場合は、こうした費用は適用されることになる。

ただ、こうしたチャージはサービスコントラクトの条件の中で、時に免除や適用外として規定される場合があるので、実際に適用される対象がどの程度あるかは不明な場合が多い。

今年度のSCの交渉は4月下旬で概ね終了しており、交渉段階で議題に上っていなければSCでの調整は無理である。

そうなるとほとんどのSC荷主は、労使交渉の状況次第ではピーク・シーズン・サーチャージだけでなく
ポート・コンジェっション・サーチャージが追徴される可能性がある。40フィート一本あたり1000ドルは
荷主にとっては大きな負担である。

労使交渉も今のところ大きな結論は出ている様子は見られない。

すこしづつオペレーションへの影響が危惧される状況になりつつある。


Possible Port Congestion Surcharges Industry Advisory

May 29, 2014

The Federal Maritime Commission has received numerous informal inquiries in relation to certain congestion surcharges that have been announced in tariff rules required to be published under the Shipping Act of 1984, as revised by the Ocean Shipping Reform Act (1998) and the Commission’s regulations at 46 CFR Part 520. This Industry Advisory is issued in order to respond to those inquiries.

Unless done pursuant to a waiver or exemption, any tariff rule (including surcharges) of a common carrier that results in an increased cost to a shipper may not be effective earlier than 30 days after publication. 46 U.S.C. § 40501(e); 46 CFR § 520.8.

The Shipping Act and the Commission’s regulations require that the rules applicable to any given shipment shall be those in effect on the date the cargo is received by the common carrier or its agent. 46 CFR § 520.7. Thus, if any cargo-related disruption were to occur at a port after cargo has been tendered by a shipper, a carrier may only lawfully charge the rates in effect on the day the cargo is tendered. These regulations apply both to import and export cargo.



北米西海岸労使交渉余話に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment