SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

北米西海岸労使交渉(27)

交渉は72時間の休憩の後、改めて審議を再開するとのことで、交渉自体は止まったままである。

暫定的な扱いとして組合員の待遇は前の契約内容で進められるという。

この先、どれほどの期間、暫定的な扱いとなるのか、予想も付かない状況である。

ターミナル内は通常通りに運営され、おおきなトラブルは生じていないといわれる。

本格的なピークシーズンを迎え、早い締結を望む荷主の声は多い。

再開後の動きに注目が集まる。


北米西海岸労使交渉(27)に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment