SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

北米西海岸労使交渉(29)



労使交渉、ついに3ヶ月目に突入!!!

72時間の休憩を終え、7月11日午後 労使双方とも、再度テーブルにつき、協議を再開した。

双方の発表によると12日、13日の土日の週末も使って交渉を続けたという。
しかし本日7月14日月曜日の段階では、交渉締結には至っていない。


かつて、交渉に列席した経験をもつ重鎮の話では、会議にはPMAとILWUの代表だけでなく、
第三者として、経済学者や弁護士も同席し、当事者が直接交渉するのはなく、第三者が双方の言い分を聞き、様々な角度からその要求が検証され、吟味したあと、相手側に伝えられるという。

その内容をもとに、片方が協議をして、また、協議結果を第三者に伝え相手側に打診するという。
こうした形態が今回も取られているかは不明であるで、概ね交渉の場はこのようであろう。

具体的に第三者として臨席しているひとがどのような人物であるか不明であるが、あくまで
中立的な立場で双方の意見を聞き、調整があれば調整をする重要な役回りを演じている。

当初の予想通り、今回の交渉は非常に難航している。間にはいる第三者にとっても、妥協点を見出すことが非常に難しい交渉であろう。

しかし、アメリカの経済を左右しかねない、西海岸の労使交渉であることを念頭に、賢明な判断で妥協点を見出すまで粘り強い話し合いを望みたい。

============

SHIPFANからのご案内

ロサンゼルスの海運、港湾、物流の情報発信会社であるSHIPFANが、パートナーを募ります。
日本国内の各港、また、全世界の港周辺で活躍される物流会社、貿易会社、メディアなど
様々な業態の方との提携をもとに、双方の情報の交換によりビジネスのさらなる拡大に繋げていければと考えています。 詳細は後日。当サイトにて。

SHIPFAN代表 赤岩寛隆





北米西海岸労使交渉(29)に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment