SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

ロングビーチ市長と港湾役員 ミッションでアジア歴訪

ロングビーチ港湾は、この秋、現市長ロバート ガルシア氏を団長とするミッションチームがアジアを歴訪し、アジアと同港の関係強化を図ると発表した。

訪問先は香港、現在同港と40年という長期リース契約を組み、ミドルハーバープロジェクトの中心船社であるOOCLの本社を訪問。中国では、CHINA OCEAN SHIIPING CO.(COSCO)を訪問、韓国では、COSCO同様ビッグアライアンス CKYHEの一社、HANJIN SHIPPINGを、そして日本では同じくCKYHEのKLINE(川崎汽船)と
同港の敷地に完成車を受け入れるトヨタ本社を予定している。

大型化する太平洋航路の中で受け入れ体制が充分整っていることをアピールする目的か?

この10月には、ロサンゼルス港湾もミッションチームを日本と中国に送り込むという。

労使交渉の継続審議、シャーシーの不足、
ターミナルの混雑ととかく問題視される両港湾、最大顧客である外航船社との関係強化は最優先であろう。



ロングビーチ市長と港湾役員 ミッションでアジア歴訪に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment