SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

西海岸労使交渉 東海岸労使交渉



2000年春、北米航路のサービスコントラクト更改の時期がきた。

荷物の動きは相変わらず、活発だ。

しかし、前の年と比較すると すこし弱含みであった。



荷主サイドも慣れてきたのか、数量をコミットして値上げ幅をすこしでも
さげようとする動きも定着した。

逆にコミットされた数量をすべて積むとなるとスペースが足りないのでないかと
思われるくらいだった。

2000年のSC更改も終え、私は米国のロサンゼルスに出発した。
COSCOは中国の会社なので、海外への駐在員は中国から出向するのだが、
このころのCOSCO日本は大手自動車メーカーや家電メーカーなどビッグ・アカウントも
増え、デリバリーやトラッキングも、相応のクオリティーを要求された。

米国側の対応にも限界もあり、かつ、日本人のきめ細かな対応を望む米国に進出する日本企業の
要望もあり、日本からの派遣をはじめていた。

1998年、課長からはじまり、順次先輩が渡米し、2000年、私のその任務が回ってきた。


2000年5月、渡米、ロサンゼルスダウンタウンにあるCOSCO  ロサンゼルスに着任。

米国での生活が始まる。
不安と期待のなか、不得手な英語も駆使しつつ、日常の業務にはげむ私にとって
忘れられない出来事が起きた。

2001年9月11日、ニューヨークを中心にテロの攻撃を受けたのだ。








西海岸労使交渉 東海岸労使交渉に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment