ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業

SHIPFAN


米国経済の要、物流の玄関口 ロサンゼルス・ロングビーチ港


ブログ

エネルギー資源輸出

投稿日: 2020 3月 5、11:36 午後 Comments コメント (0)

エネルギー資源、

 米エネルギー情報局(EIA)によると、2019年12月度の原油・石油関連製品の総輸出量のうち日本向けは2150万バレルと前年実績2502万バレルから14%減少した。
 原油は前年202万バレルだったが、12月は148万バレルで前年比26%減少した。
 LNG(液化天然ガス)は1693万バレルで前年実績1922万バレルから12%減少した。
 石油製品の代替品の性格の強い石油コークスは187万バレルで前年の180万バレルとこちらはほど、横ばいであった。
 米中間については、12月の米国発中国向け原油・石油関連製品の総輸出量は196万バレルで、前年同月の628万バレルと69%の減少。
 原油は53万バレルで、前年の293万バレルから82%減少した。
 また、LNGも170万バレルだった昨年に対し、今年は21万バレルで87%減少した。
 コークスも114万バレルと前年同月170万から3割の減少であった。

  








0