SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

米国エネルギー省発表





 米エネルギー情報局(EIA)によると、2019年11月度の原油・石油関連製品の総輸出量のうち日本向けは1983万バレルと前年実績2368万バレルから16%減少した。原油は前年407万バレルだったが、11月はゼロであった。

 LNG(液化天然ガス)は1515万バレルで前年実績1545万バレルと横ばいであった。
 石油製品の代替品の性格の強い石油コークスは227万バレルで前年の262万バレルとこちらも前年並みであった。


 米中間については、11月の米国発中国向け原油・石油関連製品の総輸出量は399万バレルで、前年同月の187万バレルと113%の増加であるが、2年前の2017年の1496万バレルから見れば、1分の4程度の回復したにすぎない。

 原油は185万バレルで、前年の25万バレルから伸びが見られる。
 また、LNGも113万バレルだった昨年に対し、今年は135万バレルと多少増加した。
 コークスも76万バレルと前年同月71万から微増であった。


 これは、2018年の8月から米国の関税追加に対抗して中国側が米国からのエネルギー資源の関税を引き上げたことで急減が見られていたが、中国側の譲歩、見直しもあってか若干回復傾向にあるようだ。

 




米サンペドロエリア/12月のコンテナ滞留日数



米サンペドロエリア/12月のコンテナ滞留日数

 米カリフォルニア州オークランドに本部を置く太平洋商船協会(PMSA)が発表したサンペドロ湾のロサンゼルス(LA)、ロングビーチ(LB)両港のコンテナターミナル(CT)での2019年12月のコンテナ滞留日数は前月の2・3日から2・45日に増加した。
 同月の両港のコンテナ総取扱量は140万2011TEUで前月の132万8900TEUから約8万TEU増加した。これにより滞留コンテナに占める5日以上滞留の割合は3・4%と前月の2・9%から増加した。

 12月に入り貨物の動きが少し活発になったが米中関税紛争の影響が色濃く結果に反映された形だ。





米国食肉輸出連合会(USMEF)


 米中間の取引については前月同様米国発香港と米国発中国本土向けでは大きな差が見られた。

 牛肉については、中国本土向けの1−11月までの累計が、前年比34%増加の8782トン、金額で27%増の7007万ドルであったのに対し、香港向けは数量で、23%減少の8万3792トン、金額で22%減少の6億7634万ドルであった。
 豚肉については更に顕著で、中国本土向けは1−11月累計で、前年比134%増の47万2811トン、金額で98%増加10億4230万ドルであったが、香港向けは数量で33%減少で8万1978トン、金額で48%減の1億3738万ドルであった。牛肉、豚肉ともに香港向けの減少が続いている。

 豚肉の中国本土への輸出の急増の背景には、本年5月頃から中国本土でおきた豚コレラによる殺処分により国内産豚の減少が大きな要因であると見られ、米国からの緊急輸入の結果と思われる。
 また、香港の市民規模でのデモ等も減少に拍車をかける格好だ。







米国食肉輸出連合会(USMEF)



米国食肉輸出連合会(USMEF)が日本及びアジア主要輸出国向け2019年11月実績を発表した。
 それによると、米国産牛肉の対日輸出は数量ベースで前年同月の2万6778トンから2万4036トンと10%減少した。金額ベースでも6%減の1億6201万ドルだった。
 1―11月累計では、数量は前年同期比6%減の28万7090トン、金額も7%減の18億552万ドルにとどまった。

豪州などと較べて輸入関税が高い米国産の牛肉は取扱数量の減少に未だに歯止めがかかっていない。
 また、米国産豚肉の11月の輸出量は前年同月比から3%減少して3万2594トン、金額は、1億3653万ドルで前年の1億3809万ドルから1%の減少であった。

 1―11月累計は、数量が34万568トンで前年同期比6%減、金額では14億180万ドルで、こちらも7%の減であった。











日本海事センター統計 東航実績



日本海事センターが2019年12月の実績を発表した。

 2019 年 12 月のアジア(18 ヶ国・地域)から米国へのコンテナ荷動き量は、前年比 3 ヶ月連 続の減少となる 16.6%減の 138.0 万 TEU。10-12 月の四半期別では、13 期ぶりの減少とな る前年同期比 11.5%減の 435.8 万 TEU。2019 年・年計では 10 年ぶりの減少となる前年比 1.3%減の 1,764.9 万 TEU。

  国別では、台湾(11.0%増)、ベトナム(43.9%増)などが増加となったものの、日本(6.9% 減)、中国(28.9%減)、韓国(8.5%減)、インド(1.1%減)などは減少。地域別では、ASEAN (27.5%増)、南アジア(0.7%増)ともに増加。 

 品目別では、「家具及び家財道具」(寄与度 3.7%減)、「自動車部品」(同 1.5%減)、「一般電気 機器」(同 1.3%減)、「床材・ブラインド等のプラスティック製品」(同 1.3%減)などが減少 の要因。

米中間税の余波をまともに受けた格好だ。





米国からの生肉の輸出



米国豚肉輸出は2019年の11月に記録のうえで、最高の月を記録し、USDAが発表し、米国肉輸出連盟(USMEF)がまとめたデータによると、量と価値の両方で最高値に達した。 一方で11月の米国産牛肉の輸出は、前年の合計を下回りました。

11月の豚肉の輸出量は259,812トン(mt)に急増し、
輸出額は、前年比32%増の7億1,270万ドルで、前回の記録(2019年7月以降)を14%破りました。これらの結果により、1月から11月の輸出は前年の量のペース(230万mt)を7%上回り、値は6%増加しました(61億9000万ドル)。
豚肉の輸出は、量(2017年に245万mt)と価値(2014年に66億5,000万ドル)の両方について、過去の記録を上回るペースで進んでいます。

これは中国国内でおきている豚コレラにより殺処分により、緊急に米国から買い取りが起きていることに由来すると考えられている。


一方11月の牛肉の輸出量は合計で108,662トンで、前年比4%減の6億5,810万ドル(7%減)でした。 1月から11月にかけて、牛肉の輸出は2018年の記録的なペースを、量(121万mt)と価値(74億ドル)の両方で3%引き下げました。ただし、2019年はすでに牛肉の輸出額で2番目に高い年であり、2018年の記録である8ドルのみを下回っています。

日本向けは以前減少傾向にある。しかし、今後日本と米国の二国間で結ばれた新しい貿易協定のもとで
関税が徐々に引き下げられ、競合国との差がなくなることで増加に転じると予想される。
 











小説 波濤を越えてー海運物語


長い海運業界での貴重な経験を少しでも残せればと思い、小説形式で自伝を残すことにした。

波濤を越えてー海運物語


気が向いたら読んで頂ければ幸いです。 


波濤を越えて ー 海運物語

波濤を超えて ー 海運物語
 
 
 
太平洋から吹き抜ける風が心地よい。
サンペドロの小高い丘の上から眼下を見下ろす。
 
そこには全米最大のコンテナ取扱を誇るロサンゼルス港が拡がる。
その向こうにはロングビーチのコンテナターミナルが霞んで見える。
 
海運業界に就職して20年。ようやく希望が叶っての米国駐在。夢にまで見たロサンゼルスの地。
 
「ようやく、ここに来た」
 
行き交う船を見ながら、彼は感慨にふけり、彼のこれまでの来し方を思った。
 
 
彼、 大船海渡が海運業に興味を持ったのは、彼がまだ、大学の3年の時。友人である永田健二が運転する中古の車で東京湾の埠頭に遊びにいったときだ。近くに船の科学館が見える。
 
「船の科学館」は海と船の文化をテーマにした海洋博物館である。
 
昭和38年(1963年)9月、財団法人日本船舶振興会がモーターボート競争の収益を世のため人のために生かす事業として、海事科学の普及を目的として博物館建設の基本方針を決定。
 
昭和39年(1964年)10月、海外海事博物館の調査を開始。
 
翌年の昭和40年(1965年)に運輸大臣の許可を取得した。急ピッチで
審議が進められ、 昭和42年(1967年)財団法人海時科学振興財団が設立された。
 
昭和43年(1968年)博物館の名称が「船の科学館」として決定された。
 
それから6年の歳月を費やし昭和49年(1974年)3月、東京都江東区有明に
「船の科学館」本館がその容姿を現した。
 
同年夏にはプール、冬にはアイススケート場を開設。都民の憩いの場として徐々に知られるようになっていった。
 
特に「船の科学館」を語る上で忘れてはならないのが、その発起人ともいえる財団法人日本船舶振興会の会長、笹川良一氏であり、また軽快な音頭をとるテレビのコマーシャルだ。
 
「戸締まり用心、火の用心」で始まるこのコマーシュル。
「船の科学館」にも触れ、日本における海事、船舶事情の重要性をアピールしている。
 
財団法人日本船舶振興会は笹川初代会長が亡くなったあと、名称を公益財団法人日本財団として広く海事普及の活動を行っている。
 
 
 
大船達が「船の科学館」を近くで見ていたその少し前の昭和54年(1979年)、館内では、日本初の南極観測船「宗谷」の一般公開が行われている。
 
彼らは館内を入ることもなく、というよりも入るお金がないという理由もあり、眼前に拡がる東京湾の青い海と白い波を飽きることなく見続けていた。
 
ふいに健二が海渡に聞いた。「大学卒業したら、どうする」。
 
思ってもいない質問に、足元の小石をひょいと拾い上げ、小学生の時によく見た
マンガ「巨人の星」の星飛雄馬よろしく、片足を大きく上げて、大リーグボール一号をなげるような仕草で小石を海に投げ入れた。
 
「全く考えていないよ」正直な気持ちだ。
大学の成績が決して良いわけではない。優良企業にいけるとも思っていない。
 
ただ、漠然と世界を駆け巡るような仕事ができたらな。 そんな思いはあった。
しかし、まだ、具体的なイメージはない。
 
「お前は?」と聞き返した。 健二も足元の小石を海に向かって蹴り入れると
「俺も考えていない」と答えた。
 
ただ、不思議なものだ。この海を見てたら海に関わる仕事もいいかな。
 
 
「さあ、帰ろうか。寒くなってきたし」車に向かう健二。
「アパートに戻ったら、一杯飲みに行こう」と海渡。
 
2時間かけて八王子の健二のアパートに戻った二人は車をおいて近くの居酒屋へ行った。
 
ビールで乾杯した海渡の脳裏には今でも東京湾から見た海の光景が残っていた。
「あの波の向こうは海外か。太平洋を渡るとアメリカだな」
海渡はビールを一気に飲み干した。

ロングビーチ港湾局主催イベント


ロングビーチ港湾局主催「STATE」OF THE PORT」開催

1月22日、ロングビーチ・コンベンション・センターで開催されたイベントで
ロングビーチ港湾局長であるマリオ・コルデロ氏は、同港が昨年2019年に、過去2番目に多忙な年であり、年間7,632,032TEU(20フィート換算)の荷役を行なったことを紹介した。しかし一昨年の2018年に記録された記録的なペースからは5・7%の減少であった。輸入は前年比8・3%減少し3,758,438TEU、輸出は合計で1,472,802 TEUで3・3%減少し、空バンは2・8%減少して2,400,792TEUだったと実績を紹介。

今年の見通しについては米中の関税紛争には楽観的な見解を述べ
今年は連携を強化することでより良い時代になると述べた。








ロングビーチ港湾局のイベント



ロングビーチ港湾局主催の「STATE OF THE PORT」が現地時間の明日1月22日、ロングビーチのコンベンションセンターで行われる。

予約はすでに一杯とのこと。

毎年、この時期に港の進展状況を報告するイベントである。

米中関税紛争の煽りをもろに受けたロングビーチ港の今後の対応に注目が集まる。

イベントの状況は明日、アップデートで方向予定である。




RSS

最新記事

米国エネルギー
日本海事センター統計 東航実績
ピークシーズン迎え減便大幅減、8月が1便のみ
SHIPFAN HOT LINE開設
ロサンゼルスにも外出禁止令。物流寸断か?

カテゴリー

EC(イーコマース)初級教室
FDA関連セミナー
FMC 罰金徴収
LLA 物流セミナー
SS VICTORIA
TOP ハワイ向け開始
USFRONTLINE
エネルギー輸出実績
お詫び
コロナウイルス関連
コンテナ取扱実績
コンテナ滞留日数
コンテナ滞留時間
ジェトロ物流セミナー
ターミナル・アイランダー
パナマ運河
ポート ツアー
ポート・クライシス
マトソン
ロサンゼルス・ハーバー
ロサンゼルス・ハーバー 
ロサンゼルス便り  (日
ロングビーチ ターミナル
ロングビーチ 港の鼓動
ロングビーチ港
世界最大のコンテナ船
北米東海岸
北米西海岸労使交渉
小説
御礼
日本からアメリカへ
日本海事新聞
東海岸労使交渉
海上火災事故
海運物語
物流ネットワーク
物流時報
物流業界限定の求人、求職
米中関税戦争
米国エネルギー省
荷役遅延
西海岸労使交渉
西海岸労使交渉 東海岸労
訃報
超大型コンテナ船
輸出セミナー
検索エンジンの供給元: