SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

ターミナル・アイランダー

ターミナル・アイランダー


全米一のコンテナ取り扱いを誇るロサンゼルス港 今日も世界中から貨物が集積しアメリカ経済を支える物流の一大拠点である。 しかし、そこにかつて生活をしていた日本人移民がいたことを知る人はすくない。ロサンゼルスの情報誌ー日刊サン紙上ーターミナル・アイランダーとして紹介されている。 今日は後半を掲載する。











































































日刊サンには、掲載されていないが、以下の貴重な写真もここで紹介する。


































































































写真に写っているHASHIMOTO COやNAKAJIMA CO., MIO CAFEは終戦後、再建できたのであろうか。




















ターミナル・アイランダー



全米一のコンテナ取り扱い港であるロサンゼルスー世界中から貨物が集り、アメリカの経済を支える物流の一大拠点である。今後も益々発展していくことだろう。

しかし、その裏でかつてそこに住んでいた日系人の苦闘の歴史があったことを知る人は少ない。

ロサンゼルスの情報誌日刊サンにも紹介されているが、ここでは往時を偲ぶ写真を紹介する。





























1900年当時のターミナル・アイランドの風景。神社があり、学校があり、ホールがあり、集会所があったという。






























女性は近くの缶詰工場で働いて生計を立てていた。





























いまでは、日本でもあまり見かけなくなった鯉のぼりが元気に翻っている。




























男の子は柔道で体を鍛えた。





























女の子は桃の節句で着飾っていた。

続く