SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

世界最大のコンテナ船

コンテナ船20000TEUS時代の幕開け!


業界誌の発表によれば、モナコを地盤に主にタンカービジネスを展開するスコルピオ グループが韓国の
三星重工に積み高20000TEUSという世界最大級のコンテナ船を発注したと報じている。

モナコ グループ自体はタンカーがメインであるので、建造されたコンテナ船は世界のメジャーコンテナ船社
に長期庸船し、オペレーションは船社がおこなうという。

昨年マースクラインが18000TEUSという世界最大級のコンテナを投入し、業界関係者を驚かせたが
20000TEUSの大きさはまさにBIGというより モンスターといわれるほどであろう。

どこの航路に配船されるかは未知数であるが、アジア、欧州に配船されるとなるとスエズ運河の運行キャパが20000TEUSがマックスといわれているので、このあたりであろうか? もしくは物流が増加傾向にあるアジア・北米航路であろうか?興味はつきない。

一方、APL(American President Line)の親会社であるNOL(Neptune Orient Line)
が前半期1億五千万ドルの赤字を計上したとの報もある。

コンテナビジネスが益々厳しさを増している証左であろう。各社とも、後半はピークシーズンに併せて
値上げを行い、収益改善に取り組んでいる。物流が増加しても収益構造が改善されなければ、新たな
再編が起こる可能性もある。 P3が中国より却下され、P2で勝負をかけるマースク。中国ニ大船社
COSCOとCHINA SHIPPINGの連携強化など、水面下での動きも活発である。

そうした中、先日までILWUとの交渉の舞台となっていたアメリカ北部のポートランドでは、徐々に
オペレーションがスローになってきているともいわれる。

交渉の長期化と締結への糸口が見えないPMA,ILWU両社にとって、どのような落しどころが見えてくるのか。 北部だけでなく、西岸南部に波及するようなことになるとピークシーズンで貨物が溢れるターミナルの運営は一気に混乱をきたす事態に発展する可能性ガある。 目が離せない状況である。


ロサンゼルス・ロングビーチに寄港する船社シリーズ(1)




既報のように、欧州系3社のアライアンスであるP3も、FMCによって承認され、いよいよ具体的にオペレーションがスタートする。
他のアライアンスもスケジュールの発表を始めている。

ロサンゼルス、ロングビーチに寄港する船社をもう一度確認することとする。

初回はANL

Australia National Line.

ここは、オーストラリア、ニュージーランドなど、オセアニア地域に協力なネットワークをもつコンテナ船社である。現在は世界トップ3のCMA-CGMグループの一員としてオセアニア、アジア、欧州、そして北米を結ぶ
ライナーサービスを提供している。

AUS1, COLUMBUS、PNW など北米東海岸や、シアトル、バンクーバーなどのサービスもCMA-CGMやMSC
の船体を使って集荷営業を行っている。

その中で、ここロサンゼルス、ロングビーチに寄港するライナーサービスとしてはPSW1とYANGTSEの2ループがある。

PSW1は北米・ロサンゼルス、オークランドと、ニュージーランド、オーストラリアを結ぶ。

寄港地は
メルボルン、シドニー、タウランガ、パペッテ、オークランド(US)、ロサンゼルス、オックランド(NZ)
メルボルンと一航海48日で廻る。

タウランガからメキシコ・エンセナダへ寄港するサービスもあり、2ループを定期配船している。

投入されている本船は
ANL BAREGA ANL 3586 TEUS
ANL BARWON ANL 3534 TEUS
CAP CAPRICORN HMSUD 3820 TEUS
CAP CLEVELAND HMSUD 3765 TEUS
CAP CORRIENTES HMSUD 3820 TEUS
GUENTHER SCHULTE HAPAG 3534 TEUS
HS BIZET ANL 3800 TEUS

Port Operation

MELBOURNE DP WORLD WEST SWANSON CMA-CGM & ANL AGENCY (AU)
SYDNEY DP CMA-CGM & ANL AGENCY (AU)
TAURANGE TAURANGE TERMINAL CMA-CGM & AML AGENCY (NZ)
PAPEETE MOTUUTA CMA-CGM PAPEETE
OAKLAND (US) PORT AMERICA OUTER HARBOR US LINES LLC
LOS ANGELES (US)TRAPAC TERMINAL US LINES LLC
AUCKLAND(NZ) FERGUSSON CNTR TERMINAL CMA-CGM & ANL AGENCY (AU)

続く。







物流時報(番外編)

全米一のコンテナ取り扱い港・ロサンゼルス港。 その中心に位置する島、そこがターミナル・アイランドである。
年間700百万TEUSのコンテナが上げ下ろしされるこの地に嘗て三千人以上に及ぶ日本人移民が暮し漁業を生業として生活をしていたことを知る人はすくない。
ロサンゼルスの情報誌、日刊サンにその記事が掲載されたので紹介する。





































































世界最大のコンテナ船

いろいろと調べたところ世界最大のコンテナ船はマースクラインのEMMA MAERSKという船であることがわかったのですが、じつはこの船 中国から欧州に向かう航路を航海しているため、
残念ながらアメリカで見かけることはできません。どうも欧州船社の戦略のようですが。
そこでアメリカ最大の港、ロサンゼルス ロングビーチに入港する船のなかで最大のコンテナ船はなにか調べてみます。こうご期待。