SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

米国エネルギー省

米国エネルギー

米エネルギー資源、日本向けは減少

 米エネルギー情報局(EIA)によると、2020年5月度の原油・石油関連製品の総輸出量のうち日本向けは1516万バレルと前年実績1804万バレルから16%減少した。
 原油は前年が244万バレルだったが、5月は実績ゼロであった。
 LNG(液化天然ガス)は1238万バレルで前年実績1271万バレルから2・5%の減であった。
 石油製品の代替品の性格の強い石油コークスは152万バレルで前年の270万バレルとこちらも44%の減少であった。

米国エネルギー省発表





 米エネルギー情報局(EIA)によると、2019年11月度の原油・石油関連製品の総輸出量のうち日本向けは1983万バレルと前年実績2368万バレルから16%減少した。原油は前年407万バレルだったが、11月はゼロであった。

 LNG(液化天然ガス)は1515万バレルで前年実績1545万バレルと横ばいであった。
 石油製品の代替品の性格の強い石油コークスは227万バレルで前年の262万バレルとこちらも前年並みであった。


 米中間については、11月の米国発中国向け原油・石油関連製品の総輸出量は399万バレルで、前年同月の187万バレルと113%の増加であるが、2年前の2017年の1496万バレルから見れば、1分の4程度の回復したにすぎない。

 原油は185万バレルで、前年の25万バレルから伸びが見られる。
 また、LNGも113万バレルだった昨年に対し、今年は135万バレルと多少増加した。
 コークスも76万バレルと前年同月71万から微増であった。


 これは、2018年の8月から米国の関税追加に対抗して中国側が米国からのエネルギー資源の関税を引き上げたことで急減が見られていたが、中国側の譲歩、見直しもあってか若干回復傾向にあるようだ。

 




RSS

最新記事

米国エネルギー
日本海事センター統計 東航実績
ピークシーズン迎え減便大幅減、8月が1便のみ
SHIPFAN HOT LINE開設
ロサンゼルスにも外出禁止令。物流寸断か?

カテゴリー

EC(イーコマース)初級教室
FDA関連セミナー
FMC 罰金徴収
LLA 物流セミナー
SS VICTORIA
TOP ハワイ向け開始
USFRONTLINE
エネルギー輸出実績
お詫び
コロナウイルス関連
コンテナ取扱実績
コンテナ滞留日数
コンテナ滞留時間
ジェトロ物流セミナー
ターミナル・アイランダー
パナマ運河
ポート ツアー
ポート・クライシス
マトソン
ロサンゼルス・ハーバー
ロサンゼルス・ハーバー 
ロサンゼルス便り  (日
ロングビーチ ターミナル
ロングビーチ 港の鼓動
ロングビーチ港
世界最大のコンテナ船
北米東海岸
北米西海岸労使交渉
小説
御礼
日本からアメリカへ
日本海事新聞
東海岸労使交渉
海上火災事故
海運物語
物流ネットワーク
物流時報
物流業界限定の求人、求職
米中関税戦争
米国エネルギー省
荷役遅延
西海岸労使交渉
西海岸労使交渉 東海岸労
訃報
超大型コンテナ船
輸出セミナー
検索エンジンの供給元: