SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

西海岸労使交渉


2002年の西海岸労使交渉の決裂によるロックアウトは政府の介入により、解除され、オペレーションはもとに戻ったが、交渉の内容そのものは合意に至っていない。

その後もPMAとILWUは協議を重ねた。最終的には今後到来する新たな技術の導入を双方が理解をして、承認を取りつつすすめることでとりあえず、合意した。

合意の前提は今後も貨物が増え組合員も順次増やしていく、同時に取扱数量に伴う、賃金を
要求するというものであった。

経営者側も中国を中心としてアジアからの荷物が増えてくるは把握していたので、
貨物像を背景に経営の安定化が図れると見越しての合意であったことはたしかである。

実際、PMAのウエブサイトにILWUの組合員の人数の推移がグラフで表されているが2003年以降、
リーマンショックのあった前年の2007年までは組合員は増加を続けた。

2000年時、1万人だった組合員は2007年には1万5千人になっている。
確かに組員員の増加は経営側にとっては労務費用のアップとなるが、それ以上に
貨物が右肩上がりで増加することをそれをカバーすることができた。

ゆえに、リーマンショック前に行われた2008年の西海岸の労使交渉はさして
大きなトラブルもなく、更新された。

以下の文章はPMAのウエブサイトの文章は組合とPMAの関係を述べたものだ。
有効な関係が構築されていることが述べられている。



最近では、2002年にPMAとILWUが西海岸のウォーターフロントの技術時代を迎えた画期的な合意に達しました。その枠組みを基にして、両当事国は2008年にポートターミナルでの自動化を可能にすることで合意した。注目すべきは、西海岸の港湾で貨物量が増加したことで、2002年以降、労働力人口が増加していることです。先見のつけば、イノベーションは量的拡大と労働力のチャンスの重要な推進要因になると期待されています。


しかし、ここにでている一つの表現が2014年の労使交渉を9ヶ月の長期に引き入れた
張本人であった。





西海岸労使交渉に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment