SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

西海岸労使交渉

米中貿易戦争影響が徐々に出始めている。

8月10日にロングビーチ港湾局が発表した7月どのコンテナ取り扱い実績統計によると
輸入は前年比マイナス8・2%の24万7736TEU, 輸出も前年比マイナス5%の11万9747TEU、空バン回送は2・6%増えて、22万975TEU,合計で688万457TEUでマイナス4・4%だった。

通年であれば7月はピークシーズンの始まりの月であり、米国のホリデーシーズン向けの貨物が急激に増加する時期である。事実昨年の同港の実績は同港の107年の歴史の中で最高の実績を残した月でもあった。

当然、この結果は米中貿易戦争の煽りを受けたとは確かだ。
ロサンゼルス港湾局のジーン・セルカ港湾局長は、このまま、米中間の高率関税の適用が続けば
ロサンゼルス、ロングビーチ港の取り扱いは15%〜20%減少すると予想する。

今週、ロサンゼルス港の取り扱い実績が発表される。その結果次第では、コンテナ取り扱い実績の減少が見られれば、全米1位、2位のコンテナ取り扱い港である両校の労使関係に影響がでることが危惧される。

西海岸の労使交渉はコンテナの着実な増加を前提に明年契約が終了する現行の労使協定を延長の方向で進めている。しかし、こうした高率関税の適用の結果、米中貿易戦争が長期化すれば、中国との取り扱いの多い西海岸のコンテナ取り扱いは減少する可能性が高い。両校の取り扱いの約7割は中国からのコンテナである。

コンテナの減少が経営側に合理化への圧力を加えるだけでなく、組合にとっても、職域減少という現実が突きつけられる。そうなれば、円満に進むと見られる西海岸の労使協定も思わぬ方向にいかぬとも限らない。

出口の見えない米中貿易戦争は西海岸の労使交渉にも不気味な影を落とす。

*******************************


LLA ロジスティクス・ラーニング・アカデミーでは、
8月23日 木曜日 午後4時から トーランス・リダック・ホテルにて
物流セミナーを開催します。
受講費は45ドル。

申込みは
Tel  1-310-972-1488 
email  shipfan1@gmail.com

SHIPFAN はLLAの公式スポンサーです。






西海岸労使交渉に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment