SHIPFAN - ロサンゼルス、ロングビーチの海運、港湾、物流コンサルティング企業
マイブログ

西海岸労使交渉

西海岸労使交渉

2014年に期限を迎えた西海岸の労使交渉は9ヶ月の長きにわたる交渉の結果、2015年の3月に
決着。2014年より5年の期間で締結した。

今年、2019年の6月30日はその協定が切れる日でもある。
本来であれば、今頃は労使双方の戦術により、スローオペレーションや
夜間荷役の停止などにより、西海岸の物流は麻痺状態になっているはずだ。

しかし、今は、そのような状況になっていない。
理由は簡単だ。PMAとILWUは2017年に、2014年に締結し、2019年に期限を迎える
現協定を3年延長して2022年まで協定が継続されることになっているためだ。

3年延長の背景には、東海岸の労使交渉の成り行きや、自動化により
マンパワーの削減など、あまりに大きな協議内容が横たわっており、
交渉事態を先延ばしにしたと見る向けがおおい。

真偽はともかく、荷主にとっては慶事である。
ただ、3年後の交渉も波風が立たないとも限らない。

自動化は避けて通れない喫緊の課題であり、それを採用するかどうかで
交渉の行方は大きく変わっていく。

今は、嵐の前の静けさか。
2022年にむけて、準備を進めて置きたい時期だ。


****************

SHIPFANは 物流コーディネーターとして皆様の米国向けの貨物輸送の
円滑かつ、効率的な輸送手段のご提案を行っています。

どんなことでもお気軽にお問い合わせください。


  




西海岸労使交渉に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment